ancoの餡子ができるまで(その1)

(anco的红豆馅的诞生(1))

anko01

ancoのお菓子に欠かせない餡子。

和菓子を扱うanco。豆にも、製法にも、こだわり抜いて作られる餡子(あんこ)が私たちの製品を支えています。
ancoの餡子が作られているのは山梨県。水も空気も美味しい土地に立てられた工場で、愛情とプライドを込めた美味しい餡子が出来上がります。

anco的和果子中不可欠缺的红豆馅 我们是专营和果子的anco。不管是原材料红豆还是制作方法都独一无二的红豆馅是我们产品不可或缺的。anco的红豆馅生产基地在长野县。工厂位于水美空气清新的土地上。工人用满满的爱制作出了美味的红豆馅。

女性の声に応えて選ばれた、皮がやわらかい国産の小豆。

anko02

国産の小豆と言えば大納言が有名ですが、大納言は皮が固いのが特徴だそう。餡子を食べたあと口の中に残っていた小豆の皮がいつの間にか歯にくっついていた!なんて経験がある方もいらっしゃるのではないでしょうか?そんな恥ずかしい経験のせいで、餡子を使ったお菓子を控える女性もいるそう。

ですので、お菓子好きのすべての皆さんに楽しんでいただきたいancoの餡子には大納言よりも一回り小粒で皮が軟らかい小豆が使われています。

それを職人さんが手作業で炊き上げていくのですが、その工程は次回ご紹介します!

为响应女性的心声,我们的原材料是外皮柔软的红豆。说起日本国产的红豆,最有名的要数大纳言。但是,大纳言的皮比较厚。在吃红豆馅的时候一不小心红豆皮会留在牙齿上!大家都有过这样的经历吧。就是因为这样羞耻的经历,一些女性就会尽量不吃含有红豆馅的和果子。
因此,为了能够让所有喜欢和果子的各位愉快地品尝红豆馅,我们特地选用了比大纳言皮更加薄的红豆。我们的红豆馅由职人们手工烧制,具体制作流程下次再跟大家介绍。

シェアする

フォローする

NOT FOUND

お探しの記事は見つかりませんでした。