私のゼリーの思い出 VOL.001

(我对果冻的记忆)

●ゼリーの歴史

ゼリーがお菓子として作られたのは19世紀前後のフランスと言われています。ゼリーの原料の主役、ゼラチンの起源は大昔からありますが、工業化されたのは17世紀あたりヨーロッパで接着剤として生産されました。後に食用ゼラチンも開発され食品のレパートリーも広がりました歴史を紐解くといつも何事もパイオニアってすごいと感動してしまいます。

●ゼリーの思い出

日本でも今やスイーツとしてゼリーはどなたにも馴染みがあるんじゃないでしょうか。
私も幼少の頃は冷蔵庫に冷やしてあるゼリーを発見すると、「ゼリーが食べれる!」と興奮したのを思いだします。当時は今と違って水っぽいゼリーが主流だったように思いますね。フルーツ味のゼリーは定番で、個人的に感動したのはコーヒーゼリーでしたね! 調べてみるとコーヒーゼリーの発祥は日本だそう。うーん、すごい!日本。

小学生の頃は、コーヒーは飲めないのにコーヒーゼリーは食べれるという(^^)クリームシロップがかかったものしか食べなかったですね。無いと苦いんですw また個人的には、グリコのカフェゼリーにはもの凄く感動しました。ゼリーのカップの根元の部分にクリームロップの入った小さいカップがくっ付いているという、その発想と豪華な感じが子供の自分はいたく感動してました。

グリコ

このコーヒーゼリー以降、市場には沢山の新しいタイプのゼリーが登場しますが、私の思い出と一緒にこれからも紹介出来れば!と思います。

●果冻的历史

据说,果冻是在19世纪前后,法国发明出来的点心。果冻的主要原料是明胶,其实很早就出现了。17世纪,欧洲将明胶工业化,用它生产粘合剂。后来又发明了食用明胶,开拓了食品领域。回溯历史,欧洲在许多方面都是开拓者,这真令人感动。

●对果冻的回忆

在日本,果冻作为甜点,陪伴着所有人的童年。我记得小时候,每当看到冰箱里冻着的果冻,心中总会涌起“有果冻吃啦!”的兴奋感。和现在不太一样的是,当时水滋滋的果冻更为流行。

水果味果冻是经典款,而我个人更为钟爱咖啡果冻。经过考察,咖啡果冻的发源地竟然是日本。嗯,日本,牛!

当我还是个小学生时,虽然不能喝咖啡,咖啡果冻却是可以吃的。(^^)而且一定要浇奶油糖浆,否则会有点苦。而且,我个人对格力高的咖啡果冻充满了感动,它的果冻杯底部带有一个装着奶油糖浆的小杯子。对小小的我来说,这个奇思妙想和奢华感真是让我充满了感激。

在咖啡果冻之后,很多新样式的果冻出现在市场上,我将跟随着自己的记忆,在接下来一一介绍。

NOT FOUND

お探しの記事は見つかりませんでした。