水羊羹の話

小豆を使ったスイーツでまず頭に浮かぶのは羊羹という方、多いんじゃないでしょうか。

小豆の主成分は糖質とたんぱく質で、ビタミンや食物繊維やポリフェノールなどこの他にも多くの成分を含みます。その中のビタミンB1はお酒の酔いに、サポニンはブドウ糖の脂肪への変化を抑えるのでダイエットに良い働きをしてくれますよ。その小豆から作られた餡と、砂糖寒天で羊羹は作られます。

羊羹の歴史は鎌倉、室町時代に中国から伝わり日本で発展、改良されたものです。名前の通り最初は羊の肉を使ったスープの料理であったようです。驚きですね。

ようかん12

あんこ堂では「塩・栗・小豆3種の水羊羹」という商品を取り扱っています。小サイズ、大サイズの2種類をご用意しております。内容はシンプルな水ようかんと沖縄産ミネラル海塩「ぬちまーす」を使用した水ようかん、栗が入った栗水ようかんの3種類入りです。

ようかん小 ようかん大

これからの季節の定番、水ようかん。冷蔵庫で冷やしていつでもとろけるような口どけと小豆の美味しさをご堪能下さい。

ようかん8

お求めはこちらから。※amazon.co.jpのサイトに移動します。